データベース初心者入門講座(携帯版)

データベースとは?

データベース(database)とは、直訳すると、データ(data)の基地(base)のことです。

データベースを使うと、コンピューター上で、データを蓄積したり、整理することが、簡単にできます。

また、蓄積したデータを検索したり、更新・削除といった処理を行なうことができます。

つまり、データの管理を効率化したファイルが、データベースです。

データベースには、様々な種類があり、目的に合わせて選択します。

例えば、有償か無償で選んだり、規模や機能で選んだりします。

またネットワーク上で使うのか、スタンドアロン(単独)で使うのかによっても、選択するデータベースが異なります。

スタンドアロンで使うタイプでは、Access や OpenOffice.org Base、FileMaker などが有名です。

ネットワーク上で使うタイプで、商用向けには Oracle や Microsoft SQL Server が、よく使われています。

オープンソースとしては、MySQL、PostgreSQLなどがあります。

特にMySQLは、レンタルサーバーでもよく使われているので、なじみの深いデータベースの一つです。

【補足】
最近のデータベースのほとんどは、スタンドアロンとネットワークの両方に対応しています。

でも、それぞれ得意不得意な分野があります。

そのため、目的によって使い分けるのが一般的です。


データベース入門 TOPへ戻る